≪ 2008 06   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2008 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の記事

「ボビー 来年でクビ!」なんていう結果にならないといいですが・・・


と書いたんですが、まさか見事に的中してしまうとは・・・


バレンタイン監督、来季限り=ロッテ、異例の形でシーズンへ-プロ野球(時事通信)

プロ野球・ロッテのボビー・バレンタイン監督(58)が契約最終年の来季限りで退団することが21日、決まった。球団側が同日、再来年以降の契約を更新しないことを通告し、同監督も了承した。同監督は今オフ、外国人選手獲得をめぐって球団フロントと対立していた。来季のロッテは開幕前から監督の退任が決まった状況で異例のシーズンを迎えることになり、その影響も懸念される。
 球団側の方針について、同監督は「驚いたが、球団の最善になるのであれば賛成する」と従う考えを示した。今オフ、韓国の金東柱内野手の身分照会を球団の承諾を得ずに独断で行ったことも不信を招いたと認め、「(契約を更新しない)要因の一つになったと思う。ルール違反で謝罪したい」と語った。
 瀬戸山隆三球団社長は「これまでの貢献、功績には感謝している。球団を大改革して組織を活性化するには世代交代が必要」などと説明。次期監督については「青写真はない。人選はこれから」と語った。
 バレンタイン監督は1995年にロッテを指揮した後、大リーグのメッツで監督を務め、2004年にロッテへ復帰。データを重視して打順を細かく変更するなど「ボビー・マジック」とも言われる采配(さいはい)で05年にはチームを31年ぶりの日本一に導いた。人気も高く、通算6年で3度のAクラス(3位以上)をマークしている。
 


球団経営圧迫してきた“ボビーマネー”(スポーツニッポン)

【ボビー問題解説】この騒動の背景にあったのは球団経営を圧迫してきた“ボビーマネー”がある。発端は日本一に輝いた05年オフ、バレンタイン監督は翌年まで契約を残しながら07年以降の契約延長を要求。メジャー復帰をちらつかせた結果、球団は日本一監督の要求に従い4年20億円の巨額を投じて再契約を結んだ。

 監督では現在メジャーを含めてもトップの年俸5億円。その他にも住居賃貸料、ニューヨーク―成田間のファーストクラスをペアで年間25往復分、米国内で経営する飲食店「ボビーズバー」の赤字を補てんする付帯条件もあった。さらに指揮官が連れてきたコーチや関係者の年俸なども含めると年間8億円。一方、今年の球団赤字は32億円。“ボビー軍団”への出費は4分の1に相当する。

 深刻な不景気は親会社にも影響を及ぼし、球団赤字を広告宣伝費の名目で補うにも限度がある。優勝からも3年間遠ざかり、球団収支は悪化する一方だ。そうした事情も来季限りの退団通告につながった。3年前に4年20億円で再契約を結ばなければ、こんな終わり方にはならなかった。




成績不振での解任ではなく、高すぎる年俸&度々フロントと対立で解任ですか。

確かに年俸5億+住居賃貸料、ニューヨーク―成田間のファーストクラスをペアで年間25往復分、米国内で経営する飲食店「ボビーズバー」の赤字を補てんする付帯条件+指揮官が連れてきたコーチや関係者の年俸=年間8億円には驚きました。

でも、この契約を呑んだフロントにも責任があるのでは?

いくら年俸が高額とはいえ、近年お荷物球団と言われていたロッテをここまで人気球団に押し上げた「恩人」を邪魔者扱いするフロント・瀬戸山社長はいかがなものかと。


また、瀬戸山社長は「これまでの貢献、功績には感謝している。球団を大改革して組織を活性化するには世代交代が必要。」「来年は有終の美を飾ってもらいたい」と色々言っていますが、いったいこの人は何がしたいのかサッパリです。

自らチームを空中分解させておいて「感謝してる」だの「有終の美を飾れ」だの頭おかしいです。

今言って何かメリットでもあるんですか?球団のイメージUPに繋がるとでも思いましたか?選手・ファンが喜ぶとでも思いましたか?

誰だって引退する時がきますが、この形は誰もが満足する形ではないことは間違いないでしょう。

喜ぶ選手・ファンも多少いるかもしれませんが、大半は困惑するでしょう。

そんなこともわからないんですか、この無能フロント・無能球団社長は?


大改革でボビーを解任させることはわかりましたが、本当にそれだけですか?

この金儲けしか頭に無い無能フロントの大改革はないんですか?

自分は千葉ロッテマリーンズの選手や応援スタイルが大好きですが、この無能フロントはどうも好きになれません。








スポンサーサイト

韓国大砲獲りでロッテ激怒!ボビー退団危機

 ロッテのボビー・バレンタイン監督(58)が19日、成田空港着の航空機で米国から緊急来日した。同監督は韓国の大砲、金東柱(キム・ドンジュ)内野手(32=斗山)獲得を希望し、渉外担当者に指示して身分照会の手続きを行ったが、球団側は事前に報告を受けていなかったとして強く反発。20日にも同監督と球団首脳が話し合う見込みだ。今年9月には自身の契約問題がこじれ、感情的な対立もある。両者の溝は深く最悪の場合、退団騒動に発展する可能性もある。

 成田空港の到着ロビー。バレンタイン監督は満面の笑みを浮かべて姿を現した。突然の再来日。「2、3日滞在します。いろいろな人とコミュニケーションを深めるためです。滞在中に瀬戸山球団社長とも会うつもり」。そう説明した指揮官だが、球団関係者の出迎えはなく、1人でタクシーに乗り込んだ。

 再来日の背景には金東柱側との交渉のもつれがある。米国でのウインターミーティングを視察したバレンタイン監督と球団が派遣した渉外担当が金東柱の代理人と交渉。その後、指揮官は球団に報告もせず渉外担当に指示して身分照会の手続きを取った。球団への報告は手続き完了後で、まさに“寝耳に水”の球団側は渉外担当から事情聴取した上で厳重注意を与え、金東柱側との交渉にもいったんストップをかけた。

 関係者は「ボビーが球団の許可を得る前に交渉を進めたのは大問題」と指摘。球団側は了承なしの身分照会に強い不快感を示しているという。事実、14日付のスポーツ朝鮮では「バレンタイン監督は獲得を承諾。しかし、フロント内部には反対意見が根強い」とし、同紙はこの日「日本から消息なく斗山残留急浮上」と報道。獲得は微妙な状況となっている。

 再来日の連絡を受けた球団関係者は「外国人補強についての編成ミーティングをするため」と説明。だが、当初の予定にはなかった来日であることは明らかだ。

 11月16日に米国へ帰国した指揮官は同22日のファン感謝イベント、同25日の球団納会も欠席し、再来日は来年1月下旬を予定していた。これまでも帰国後の編成ミーティングは電話やメールで行っており、緊急来日は事態の深刻さを物語っている。

 来季が4年契約の最終年を迎える指揮官は10年以降の契約延長を熱望するあまりに今シーズン中も過激発言を連発。「契約が来年までで、その後はないとか、今年までで来年がないというのなら、ここにいようという気にはならない」などと退団の可能性まで示唆した。

 それに加えて今回の問題が浮上。球団内には以前から指揮官のワンマンぶりに反発する声があり、契約延長を認めず、来季の結果を見て判断するとした、シーズン中の去就問題同様にき然とした態度を取るものとみられる。今回も指揮官が退団をちらつかせることは十分に予想されるだけに、会談の成り行きが注目される。



韓国人選手との契約についての誤解(Bobby's Way)

あれ?ボビーが言っていることと新聞記事に書いてある内容が随分と食い違いがありますね。

新聞では「同監督は韓国の大砲、金東柱(キム・ドンジュ)内野手(32=斗山)獲得を希望し、渉外担当者に指示して身分照会の手続きを行ったが、球団側は事前に報告を受けていなかったとして強く反発。」と書いてあります。

一方、ボビーは「気を利かせた嘉数君が、韓国野球リーグにも、その国にも興味がある重光オーナー代行のために、もし、「この選手が欲しい」と考えられた際すぐに行動へと移せるよう、ステータス チェックを要請したんです。このステータス チェック(身分照会)というものは、エージェントとそれ以上話を進める前に、その選手が確かにフリーエージェントであるという事実を確認するためのチェックです。集めた情報によると、KBO(韓国野球委員会)はどこかのチームが選手に身分照会を要請する度にマスコミへと発表をするようで、この話を聞いて興奮したマスコミが、早とちりをしてしまい、身分照会を要請したので僕らのチームがこの選手と契約をするのだと報道してしまったのです。」と新聞の内容を否定しています。


シーズンオフは新聞以外に情報がないので、憶測だけで記事を書くことは情報力が圧倒的に少ない我々ファンとしては大迷惑です。

自分はボビーを信じたいですけど、この大きな食い違いが両者にとって悪い方向に進むのは間違いなさそうですね。

「ボビー 来年でクビ!」なんていう結果にならないといいですが・・・






昨日ある映画を見てきました「劇場版MAJOR 友情の一球(ウイニングショット)」です。

一昨年からこの漫画(MAJOR)を集めているんですが、本当に面白いです。

野球好きの人なら一度は読んだことがあると思います。


本編は主に九州・福岡が舞台になっていて、原作で語られていなかった少年時代の空白の期間(小学5年生)を映画化しています。

そのため空白の期間前のリトルリーグ時代(三船ドルフィンズ時)の内容を知らないと映画の内容についていけないかもしれません。

映画だけでも充分楽しめますが、より一層楽しみたいならば漫画やアニメを見てリトルリーグ時代の内容について知ってもらうことをオススメします(*^-^)b



ちなみにマリーンズ・ホークス・ファイターズが実名で映画に登場しますよ。

ただ主人公の父親がホークスの選手ということもあってか、マリーンズ・ファイターズはやられてばっかでしたが(^o^;)





ロッテ2軍の成田誘致申し入れ=球団側と定期協議へ-プロ野球(時事通信)

2軍移転前向き 成田市5万人署名提出…ロッテ(スポーツ報知)

@niftyデイリーポータルZ「ロッテ浦和球場に行こう」

 ロッテと千葉・成田市が、2軍施設の移転に向けたプロジェクトチームを立ち上げることが17日、決まった。誘致活動を展開している同市に対して、球団側が前向きな姿勢を示した。施設整備に巨費を要するなど課題は多いが、両者は今後2か月に1度、協議会を開催し、話し合いを重ねていく。

 今季、成田高出身の唐川の活躍もあり、誘致への機運が一層高まっていた。この日、「ロッテ2軍を誘致する会」の顧問を務める小泉一成市長ら関係者が千葉マリンを訪問。移転を求める要望書と、5万101人分の署名を球団側に手渡した。

 これを受け、瀬戸山球団社長は「今すぐ、とはいかないが、ふるさと球団でありたい思いは一緒。将来的にロッテタウンをつくれれば」と移転に前向きな姿勢を見せた。成田では数年前からロッテの2軍戦が開催されているが、これを再来年から20試合前後に増やすことを約束した。



自分は浦和球場に行ったことがないのでなんと言ったらいいんでしょうか(^▽^;)

といいつつも、自分は移転反対ですね。

長年の浦和マリーンズファンはどうするんですか?交通の便(=電車)は不便じゃありませんか?

浦和は海浜幕張から武蔵浦和の乗換えなし(約1時間)で行けますが、成田となると乗換えが必要になると思います。(車なら話は別ですけど。)


あと、2軍を成田に移転してメリットがあるのは精々成田市民ぐらいなのでは?

ファン層を増やしたいなら2軍本拠地を浦和にしていたほうがいいような気がしますよ。

もしくは、プロ野球球団がない茨城とかの方が効果があると思います。(交通の便が悪いか)



いずれにしても、来年一度くらいは浦和に行きたいですね三 (/ ^^)/






新入団選手発表会 イベントレポート



昨日千葉市内で新入団選手発表会がありました。

ロッテの新入団選手発表会は毎年凄いことで有名なんですが、今年は出口でドラフト選手たちがお見送り&名刺配りがあったそうです。

参加できた人はいいですね~、なんせ自分応募したもののことごとく落選したもので(T▽T;)


【ドラフト選手】
1位・木村雄太(投手・左投左打・東京ガス)→34
3位・上野大樹(投手・右投右打・東洋大)→?
4位・坪井俊樹(投手・左投左打・筑波大)→35
5位・山本徹矢(投手・右投右打・神戸国際大付高)→56
6位・香月良仁(投手・右投右打・熊本ゴールデンラークス )→42

【育成ドラフト選手】
木本幸広(投手・右投左打・日高中津高)→127
鈴江彬  (投手・右投右打・北信越BC信濃)→128
角晃多 (内野手・右投左打・東海大相模高)→129
生山裕人(内野手・右投左打・四国九州IL香川)→130
西野勇士(投手・右投右打・新湊高)→131
岡田幸文(外野手・左投左打・全足利クラブ)→132
吉田真史(外野手・右投両打・太田工高)→133
田中崇博(投手・右投右打・八日市南高 )→134

(※ドラ3の上野選手は東洋大の海外遠征で新入団選手発表会いなかったのでまだ背番号がわかりません。)


ドラ1・木村&ドラ6・香月が入団発表で結婚発表…ロッテ(スポーツ報知)

また、新入団選手発表会で木村&香月両選手が結婚発表をしました。

奥さんのためにも早く1軍で活躍できるといいですね!


しかし、それを上回る選手がいました。

女房が支え!ロッテの子持ちルーキー岡田(サンケイスポーツ)

育成ドラ6位の岡田選手です。

なんと奥さん+子どもさんが2人もいます。

14人も育成選手がいますが、支配下登録目指して頑張って!




今回入団した12人全員がいい成績を残すと思いたいですが、そう簡単に結果を出せるほど甘くはないプロ野球。

でも、彼らはいわば発掘されたばかりの原石みたいようなもの。

可能性は未知数、無限大です。

彼らがマリンでプレーする雄姿を夢見て、無限大の可能性を信じて、僕は彼らを応援します。


         ~ようこそ!千葉ロッテマリーンズへ~








ケーシー

Author:ケーシー
FC2ブログへようこそ!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。