≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本ハム・ダル、15秒ルールにぶちギレ!(サンケイスポーツ)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表のエース候補、日本ハム・ダルビッシュ有投手(22)が沖縄・名護キャンプの8日、シート打撃に初登板。打者7人に20球を投げたが、「15秒ルール」を適用されてボールを宣告された。投球のリズムを崩されて3安打を許し「話にならない。こっちは生活がかかっている」と怒りをあらわにした。

 名護の空を覆う厚い雲のように、ダルビッシュの表情がどんどん険しくなり、ついには声を荒らげた。

 「普通、シート打撃で(15秒ルールは)とらないですよ。(投手が)ボールを捕ってから15秒(で投球するルール)は話にならない。野球にならないですよ」

 問題のシーンは打席に糸井を迎え、カウント2-1からの4球目を投げようとした場面。バッテリーを組んだ新人の大野(東洋大)のサインに2度首を振ったとき、東二塁塁審が「長い!!」と指摘。鈴木球審がすぐさまボールを宣告した。

 突然の出来事に「何をいっているのかわからなかった。首を2度振ってボールって」とダルビッシュはぼう然だ。

 「15秒ルール」は、今季から適用されることが決まった。試合時間短縮が目的だが、サイン交換の際にバッテリーの呼吸が合わないと時間がかかる。サインにわざと首を振るのも作戦の一つだけに、納得できなかった。

 「セット(ポジション)から15秒ならいいけど、ロージンバッグを触ったり、周りを見たりしないといけない。これじゃあ(球種を)3秒で決めないといけなくなる。こっちは生活がかかっているわけですから」と珍しく口をとがらせた。さらには「ボール半個分、ストライクゾーンを広げたほうがよっぽど(試合が)早くなる」とも。WBCでの適用はないものの、大事な時期に思わぬ難題に直面した。



岩隈がノムさんがダルビッシュ全面支持…楽天(スポーツ報知)

◆楽天・久米島キャンプ(8日) 楽天勢が、ダルビッシュを全面支持した。沢村賞右腕・岩隈は「野球は投手が投げなきゃ始まらないのに、打者中心のルールになっている。それでボールと宣告されたら、リズムが狂ってしまう」と投打の駆け引きが失われることを心配した。2段モーション禁止で苦しんだ過去があるだけに、「打者が有利になるよう、どんどんルールが変わっている。時間短縮ならストライクゾーンを広くすべき」と力説した。

 野村監督は「野球は時間が決まっていないスポーツなのに。そんなルールを作ること自体、ナンセンス」と一刀両断。「スピード化は野球の本質から離れている。お客さんの大半は、できるだけ長く球場にいたいもんだ。故意に引き延ばしたら、厳重注意にすればいい」と持論を展開した。



確かに野球の試合時間は他の競技と比べると圧倒的に長いです。

でも、それも野球のいいところだと自分は思ってます。

ノムさんの「お客さんの大半は、できるだけ長く球場にいたいもんだ。」はちょっと違う気もしますが・・・


試合時間短縮にNPBがどれほど努力しているかは知っていますけど、今回のやり方には反対ですね。

短縮すべきところはもっと別のところにあると思います。

それに投手ばかりにこういうルール(『15秒ルール』や二段モーション禁止)を押し付けるのは如何なものかと。

よっぽどストライクゾーンをボール半個分広げた方が時間短縮に繋がると思います。



さて、この『15秒ルール』は選手達にどのように影響するのでしょうか?








にほんブログ村 野球ブログへ
ランキングに参加しています、クリックしていただけるとありがたいです!

スポンサーサイト


この記事へコメントする















日本ハム・ダル、15秒ルールにぶちギレ!(サンケイスポーツ) ワールド・ベースボ ...

ケーシー

Author:ケーシー
FC2ブログへようこそ!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。